インプラント

HOME > 院内歯科 > インプラント

インプラント治療インプラント治療では、事故や歯周病など何らかの原因で歯を失ってしまった場合に、人工の歯根と人工の歯を作成して失った歯を補う事が出来ます。

骨に人工の歯根を埋め込みますので慣れるまで多少違和感を感じることもありますが、その期間を過ぎれば、自然の歯に匹敵する機能が得られます。

人が物を噛むときの力は想像以上に大きいものですが、インプラントであれば骨に固定されているため一般的な入れ歯のようにガタつくことがありません。また、歯冠の色や形も最新の歯科技術によって自分の歯と同じように作ることが可能です。

ラビット歯科のインプラントシステム

JMMインプラントシステム

JMMインプラントシステム

インプラントのオペ準備には衛生面に細心の注意を払っています。
術着に着替え、完全に滅菌された状態で治療に入ります。

完全に滅菌された状態インプラント オペ着

ラビット歯科では国産インプラント・日本メディカルマテリアル社(JMM)のPOIインプラントを使用しております。

日本のインプラント・システムの中では最も歴史が古く、開発当初より『日本人による日本人ためのインプラント』と呼ばれ、日本人の顎の大きさや骨の性状を考慮し開発されているので、信頼性の高い安心して使用できるインプラントシステム の一つです。

よくある質問 インプラントQ&A

インプラントはどんな人に適していますか?
食べ物が美味しく食べられない、発音・発声に不便を感じる、入れ歯を使用すると異物感や痛みを感じる、どうしても入れ歯を入れたくない、できるだけ自然に近い歯をお望みの方などと言う方におすすめします。年齢的には顎の骨が完成する20歳前後から、健康な方なら基本的にはどなたでも可能です。ただし、心臓病や糖尿病などの持病の方、妊娠中の方、全身疾患のある方、顎の骨の状態が良くない方などは制限される場合がありますので、当院にご相談ください。
手術時に痛みはありますか?
手術は局部麻酔をして行いますので、痛みに関してあまり心配はありません。
インプラントの寿命はどのくらいですか?
患者さんの口の中の衛生状態に大きく関係していきます。口の中の衛生状態が良ければいくらでも長持ちしますし、逆に手入れが悪いと寿命が短くなる場合もあります。

いままでの治療法との違い

歯を1本失った場合

従来法抜けた歯の両隣の健康な歯を削って連結します

従来法からインプラント治療へ

インプラントインプラントの場合、失った部分にのみインプラントを埋入しますので、健康な歯を傷めません。

歯をたくさん失った場合

従来法健康な歯にバネをかけ部分入れ歯を固定するため、違和感があり、バネをかけた歯に負担がかかります。

従来法からインプラント治療へ

インプラントインプラント治療では失った部分にのみインプラントを埋入しますので、健康な歯に負担をかけません。入れ歯に比べると違和感も少なくなります。

歯をすべて失った場合

従来法総入れ歯を歯肉との吸着力で支えています。噛む力が弱くなり、味覚も落ちます。発音・発声もよくできなくなります。

従来法からインプラント治療へ

インプラントインプラントは顎の骨にしっかりと固定される為、ガタつきがなく安定します。味覚の変化なく、しっかり発音・発声できます。

インプラント 治療の流れ

診査・診断

インプラント治療に必要なレントゲンなどによる診査と診断を行い、治療計画を立てます。

1次手術(インプラントを埋入する手術)

埋入後3~5ヶ月おいて歯肉の治癒を待ちます。

2次手術(新しい歯を装着する準備の手術)

歯肉を開いてインプラントに支台部(歯を直接支える部分)を接続します。3週間から1ヶ月おいて歯肉の治癒を待ちます。この間、必要に応じて仮の歯を入れますので日常生活に差し支えありません。

新しい歯の製作と装着

歯を製作するために型をとり、その型に従って人工の歯を製作します。
人工の歯を支台部に装着して、完成です。

メンテナンス

インプラントの形をよく理解した上で確実なブラッシングを行い、歯垢や歯石の沈着を予防します。3ヶ月から半年に一度は定期的に検診を受け、インプラントの状態を診察させて頂きます。

診療案内

各種カードご利用いただけます

医)立靖会でフィリピン台風災害支援として歯ブラシをフィリピンに送りました。

フィリピン台風災害支援

ページトップへ戻る