スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > 気仙沼にて歯科診療ボランティア

気仙沼にて歯科診療ボランティア

2011.07.12

はじめまして立靖会 訪問歯科診療部 歯科医師の津田です。
私は、去る6月20日~22日の3日間、震災で被害をうけた宮城県の気仙沼へ歯科支援のため行ってきました。
せっかくのこの貴重な体験をぜひみんなに知らせたいと思い今回ブログに載せさせていただきます。

私が参加したのは、気仙沼在宅支援プロジェクトの巡回療養支援隊(JRS)というボランティアチームです。震災をきっかけに全国から様々な医師、歯科医師、看護師、その他専門職の方が長期もしくは短期に集まって結成されています。既にこれまでにたくさんの方がこの巡回療養支援に加わり活動をされているようです。
気仙沼では(おそらく他の地域もですが)、歯科診療の供給については、地元の歯科医師会が連携をとり積極的に動いているようでほとんどカバーできていて、JRSはまだ手薄な一部の在宅のフォローとして活動しているようです。


気仙沼に到着した初日、歯科衛生士である牛山京子さんのセミナーを聞きました。
牛山さんは全国各地で在宅における口腔ケアについて講演されている方で、タイミングよくセミナーを開催していたので参加させていただきました。
私も普段、在宅や施設での訪問歯科診療に取り組んでいますが、改めて口腔ケアの大切さを実感しました。

次の日は、唐桑の在宅と特別養護老人ホーム唐桑園、障害者施設高松園を牛山さんともう一人の衛生士の方と伺いました。
気仙沼にくる前から聞いていましたが、歯科治療というよりは、口腔ケアがほとんどでした。唐桑園、高松園でも牛山さんの口腔ケアセミナーが行われ好評でした。
障害者施設の看護師さんから聞いた話ですが、施設では震災の際、ライフラインが3日間停まり、歯磨きどころではなかったそうです。現在、震災の影響もあり、金銭的な面で歯ブラシ1本買うのも難しい状態と聞きとても胸が痛みました。

3日目は、震災後すぐに埼玉から駆け付けたという歯科医の一瀬先生と在宅を回りました。
先日同様、内容は口腔ケアです。この日は在宅4人だけだったので、1件1件比較的ゆっくり行うことができました。患者さん宅にて、地元のcmも含めて4人で雑談しながらお茶までごちそうになってしまいました(^.^)
3日過ごす中で気づいたことですが、気仙沼ではまだ訪問歯科診療はほとんど知られていません。そのせいか、どのお宅でも大変喜ばれました。
普段私が訪問歯科で回っている、関東とのギャップにとても驚きました。

あっという間に3日間は終わりました。最後に一緒に時間をともにしたメンバーを紹介します。

スタッフブログTOP

各種カードご利用いただけます

医)立靖会でフィリピン台風災害支援として歯ブラシをフィリピンに送りました。

フィリピン台風災害支援

ページトップへ戻る